飲食勤務で疲れてる

元飲食店勤務→現営業職が伝える、営業への転職メリット【必見】

 

飲食で働いていて、営業職に転職しようか迷っている方。

一つ質問ですが

「家族や友人との時間を大切にできていますか?」

 

 

 

このブログを読めば、

・飲食から営業に変わるメリット・デメリットが分かる

・営業職の実態が分かる

・飲食から営業に転職する際に、気を付けたほうがいいことが分かる

 

このブログの信頼性として、

・筆者は高卒25歳。

・元飲食店勤務(5年間)6カ月休みなしで働いていた経験あり。

・現在営業(2年目)で土日祝休みで飲食時代より年収が150万ほどUP

 

「飲食つらい。。。転職しようかな。。」

「営業職とか気になるけど、実際は飲食と比べてどうなんだろう?」

 

今回は、こういった方々に向けてお伝えしていきます。

大丈夫です。

僕も飲食から営業に変わりました。

 

本記事では下記の内容を解説します。

元飲食店勤務→現営業職が伝える、営業への転職メリット【必見】

 

飲食から営業になった結果

転職して【土日祝休み+年収150万円UPした】

転職して、本当によかったなと思います。

 

よかった理由は3つあります。

➀休みが取れる

②給料がいい

➂早く寝れる

 

➀休みが取れる

「周りのみんなは遊んでいるのに、なんで自分だけ・・・」

「長期連休なんて、ほぼ休みなんか関係ない。むしろ一番忙しいっつーの。」

なんて思ったことありませんか?

 

”休み”

 

飲食で働いている人なら、一番欲しいものですよね。。。

 

営業職になれば、基本的に“土日祝休み”という、夢の休みが待っています。

営業の業種にもよりますが、休みは確実にいまよりも多くなります!

 

あなたは、休みがあったら何をしたいですか?

 

 

②給料がいい

飲食店に勤務していると、料理長や店長クラスになれば、良い給料を手に入れられるかもしれません。

だけど、その人たちは休み取れてますか?

 

給料がいい変わりに、激務すぎる。なんてことは、他の職業でもあるとは思いますが、飲食に関しては別格だと思います。

僕も過去に勤めていた飲食店では、人が足りず、店長が休みなしで働く という現場を何度も見てきました。

 

その点、営業職はベースの給料があります。

 

基本給+インセンティブ(成果報酬)+ボーナス

この三つがあります。

確実に、飲食店の平均的社員よりはお金が稼げますし、➀でもいった休みも増えます

営業の業態にもよりますが、ブラック企業を除けば基本的にはちゃんとしていますね。

僕は、飲食時代年収250万でした。

営業に未経験で入社し、年収は300万スタート。

基本の金額がまず違うことと、300万+ボーナスとインセンティブ(成果報酬)もあります。

 

 

➂早く寝れる

僕もそうでしたが、だいたい終わるの遅いですよね?

1時とか、2時とか。で、そのあと先輩に飲みにつれていかれたり。。。

帰ってみれば朝5時とか余裕であります。

 

僕の場合は、2時に終わってから家に帰っても、なんか物足りなくてすぐに寝れず、ゲームをやって朝6時に寝る。みたいなくそ生活をしていました。

 

体は不思議なもので、慣れます。けど、この先を考えてください。

ずーっと今の飲食店で働きますか?体はいつまでも若くないです。

寝不足はどんどん体をむしばんでいきますよ。

 

その点営業職は、寝れる!

飲食店みたいに、お店が何時まで営業とかないから、早い人は定時に終わって飲みに行きます。←この人たちをいつも接客してくれていますよね?

 

もちろん仕事の量や、スピードによって個人差はありますが、ぶっちゃけ今日は早く帰る!という気分の時は、さっさと仕事をほっといて、帰れます。

で、次の日猛烈にやればいいんです。

早く帰って、自分の好きなことをしたり、友達と遊んだり、奥さんの手料理を食べたり、お子さんの顔をみたり。。。

時間は有限です。

あなたは仕事の為に人生を捧げますか?自分の為に使いましょう。

 

 

結論

飲食から営業へ転職を悩んでいる方は、したほうがいいです。

 

僕は飲食時代に「DODA」に無料登録し、エージェントにお願いをして転職しました。

無料で登録ができますので、相談しましょう!↓

飲食→営業職への転職メリット・デメリット

 

メリット

・休みが増える

・自分や家族、友人との時間が持てる。

・頑張れば頑張る分だけ、給料という形でインセンティブ(成果報酬)が入る。

・夜型から朝方の体質に変われる

・長期連休が貰える

・有給が使える

・かっこいいスーツを着て、様々な人脈を作れる

・お酒が強い人は、可愛がられる

・接客のスキルが活かせる

・飲食に比べたらと、謎の無敵感で働ける

 

 

デメリット

・仕事中にお酒が飲めない

・若い子と中々絡む機会が少なくなる

・スーツに抵抗がある人は、慣れるのに時間がかかる

・朝方の生活に変えるのに苦労する

・仕事の人たちとみんなでわいわいのノリが少なくなる

・メールとか、パソコンとかが最初めんどくさい

 

どんな仕事でもメリットデメリットはありますが、僕が一番感じたことは、スーツが着慣れないこと。

ワイシャツとかネクタイとか、今では慣れたけど、毎日の服装って重要だなーと感じます。

飲食の時は、好きな服で行って、店で着替えるもしくは、最初から着替えていくみたいなことができたけど、営業は無理。

服装をラフにする方法もありますが、飲食から営業は、服装のギャップがすごいですよ。

 

飲食から営業へ転職:営業って具体的に、どんな仕事なの?

 

営業と言っても、様々な職種があります。

下記にざっくりと営業職の種類をまとめました。

 

法人営業

 

法人(企業)に対して営業を行う方法

商社・工場・流通・などの相手にもよりますが、法人にも様々な種類がある。

簡単に言うと、会社を相手に、商品をプレゼンしたり、企画書を作ったりする営業です。

規模が大きいことが多く、業務は多いですが、成功すると見返り(報酬)も大きいです。

未経験の場合は、法人営業は難しいかも。手っ取り早く成果を出してお金を稼ぎたい人向け。但し、メリットは休みが多い。

 

個人営業

 

個人を対象にした営業スタイル。

金融・車・住宅・などの生活に関係することが多い。

法人に比べ、規模が個人なので人と人の感情が大事になってくる。

法人に比べると、商品が売れやすい。

飲食からであれば比較的入りやすい。個人なので、自分のキャラクターが結構活きる。

 

新規営業

 

新しいお客さんをメインとし、開拓していく営業。

営業職のイメージである「飛び込み」「テレアポ」はここに分類される。

契約にするのが難しいため、根気とメンタルが必要。

強いメンタルがいるけど、営業未経験であれば、めちゃくちゃ鍛えられる。但し、何度も言うけど強いメンタルが必要!

 

臨店営業 ←おすすめ

 

すでに取引のある企業や個人に対して、新しい商品を紹介したり、使用状況を聞きに行ったりする営業。

「ルートセールス」と呼ばれ、自社商品を納品することもある。その際に、コミュニケーションを図り、関係性を維持しながら新たな商品を売り込む。

未経験であれば比較的仕事がしやすいです。もちろん簡単ではないですが、要領をつかみやすく、メンタルへの負担は新規営業に比べるとすくないです。

 

内勤営業

 

「反響型営業」ともいわれ、業種がさまざまあり、相手から問い合わせがあった場合に営業を行う。車のディーラーや不動産などで行っていることが多い。

お客さんが、買う意欲が高い場合が多い為、比較的売りやすい且つ、インセンティブ(成果報酬)が大きい。

未経験であれば比較的仕事がしやすいです。もちろん簡単ではないですが、要領をつかみやすく、メンタルへの負担は新規営業に比べるとすくないです。

 

 

ちなみに筆者は、法人営業と臨店営業がミックスした会社に勤務しています。

業種でいえば、食品メーカーです。

このように、どれか一つではなく、まざってる業種もあるので念入りに調べることは大事&大事!

 

 

飲食から営業へ転職:転職する際に気を付けること

結論!

ブラック企業には勤めない!

飲食もほぼブラックですよね?

せっかく転職しようと思っているのに、入った企業がまたもやブラックじゃー意味がないです。

ブラック企業に勤めない為にも、しっかりと見極めることが大切です。

 

3つにまとめました。

 

➀応募広告が年収○○

②応募のハードルがとてつもなく低い

➂年がら年中求人が出ている。

 

理由

典型的なブラックですね。人はお金に惑わされる生き物です。特に目先の報酬にとらわれやすいので、年収○○!みたいな広告でつってきます。気を付けてください。

 

「学歴不問」「年齢不問」「未経験OK」「誰でもできる簡単なお仕事」など、ハードルが低すぎる物も注意しましょう。

誰でもできるということは、単純労働で激務なことが多いです。

 

シンプルにやべー会社だから、人が入ったり、出たりするわけですね。辞めましょう。

 

ブラックには勤めたくない、でも自分には能力とか学歴とかないよ。。。

という声が聞こえてきそうですが、大丈夫です。

 

そんなときは・・・

 

素人が知識もなく、なんとなく転職することほど無謀なことはありません

僕自身も、今の会社には転職エージェントで入社しました。

今ではスマホ1台で登録ができ、且つ親身になって考えてくれます。

読者
読者
転職エージェントで、だまされたりしないの?
ぶちょー
ぶちょー
問題ありません。

転職エージェント側も、お仕事でありもちろん給料があります。

自分が紹介した人が、すぐに辞めてしまった場合、(この場合、あなたをブラック会社に紹介し、ひどすぎてすぐに辞めた)

社内の査定に響くどころかインセンティブ(成果報酬)も出ないなんてこともあります。

あの人たちも必死で良い企業に就職させ、インセンティブをもらいたいんです。

ある意味、お金が発生しているので安心ですよね。

 

お金と言えば、もちろん転職エージェントは無料です!

登録だけでも損はしません。

転職に必要なノウハウなんかも教えてくれたり、転職後のハローワーク手続きなんかも教えてくれます。

 

→例を出すと、雇用保険の受給

最大360日まで離職した人にたいして、いくらかの手当が支給される制度です。

 

このように難しい手続きなんかもへっちゃらです。

筆者は3社も登録し、何度もエージェントの方とお話しをしました。

自分の納得いくまで話せることが強みですね。

また、1人で考えなくてもいいので不安感もなかったです。

 

僕のおすすめはデューダ転職エージェント!↓

DODAエージェントサービス※(無料で登録できます)

 

今の会社にもここから繋いでもらって、就職できました。

 

時間がある時に、一度見るだけでも、見てみて下さい。

 

 

 

飲食から営業へ転職:まとめ

  • 飲食から営業に転職を考えている人は、転職したほうがいい
  • 業種のおすすめは“臨店営業”但しミックスもあるので、よく調べる
  • 転職する際は、転職エージェントを使う。(無料)

 

飲食は本当に大変な仕事ですよね。僕も経験したからこそ分かります。

この世に大変な仕事なんてないですが、飲食から営業職へ転職しようと思っている方の少しでも、力になれればと思い、書きました。

 

自分の時間を大切にし、家族や友人との思い出を。

 

ここまで読んでくれてありがとうございました。

あなたの背中を少しでも押せれたらうれしいです。

 

ぶちょー🐶

 

記事で紹介した転職エージェント

転職エージェント※(約3分で無料登録できます)

 

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください