飲食勤務で疲れてる

【体を壊す前に】飲食業で辛い・辞めたいと思っている人の背中を押す話

読者
読者
飲食業が辛すぎて転職したい・・・。

でも毎日の業務が激務すぎて転職活動をする時間がない

転職活動もめんどくさいし結局いつもの現状に戻っちゃう

やめようと思っても周りに何を言われるかわからないし、怖い。

ぶちょー
ぶちょー

今回はこのような悩みに対して、実際にクソブラック飲食業(1日15時間勤務、6ヶ月休みなしも経験)からホワイト企業に就職した筆者がどうやって転職したのか?を解説していきます。

そして今、飲食業をやめようか悩んでいる方の背中を押せるようなヒントが見つかればなと思います。

 

※3分程で読めますので、休憩しながらサクッとご覧ください。

 

この記事を読むと

飲食業をやめようか迷っている人が行動できる

実際に飲食業から転職した体験談を知れる

 

この記事の信頼性

筆者は元々飲食業で5年ほど働いていました。

1年半前に転職し土日祝休み、年間休日135日のホワイト企業でサラリーマンをしています。

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください ↓

飲食店店長を辞めたい。ブラック飲食・元店長が体験したこと【必読】 今回はこのような方々へ向けて、一歩踏み出す勇気が出る記事を書きました。 この記事を読むと ...

 

【体を壊す前に】飲食業で辛い・辞めたいと思っている人の背中を押す話

結論:転職活動をめんどくさいと思わない

僕が転職を決意したのは、

飲食時代に

6ヶ月間休みなしで、毎日15時間以上働き腰を悪くしたからです。

絶対に辞めてやろうと強い決意をし、毎日コツコツと転職について考え調べ行動しました。

そのおかげで、年間休日135日・土日祝休み・年収150万アップと言う環境に転職することができ、今では体も回復し大切な人との時間を大事にしています。

 

特に飲食をやっている方で、転職したいと考える人は激務で休みもなく、なかなか行動したいと思ってもできませんよね?

そしてめんどくさいと思ってしまう。

そうすると転職したいと思っても行動ができないと言う負のスパイラルになってしまいがちです。

じゃあどうするか?

転職について勉強しましょう!

めんどくさいと思わず、仕事という人生の大事な部分です。

ちゃんと時間をかけて慎重に考えましょう。

 

僕も飲食時代は休みもなく働いていましたが、絶対このクソ環境から抜け出すんだと思いながら、勉強しました。

勉強といってもそんな難しいことではなくネットで調べたり、セミナーに参加したりということです。

 

改めて結論

転職活動をめんどくさいと思わないことです。

なぜなら仕事は人生の大きな部分を占めるのでちゃんと考えて頭を使って行動しないと失敗するからです。

今、やめようか悩んでいる人はどれくらい本気ですか?

本気なら行動しましょう。

逆にギクッとした人も大丈夫です。

転職するにあたり何をまずしたらいいのか?

も解説していきます。

 

 

【体を壊す前に】飲食業を辞めたい人の背中を押す話:忙しいのにどうやってホワイト企業に転職したの?

 

繰り返しかもですが、

飲食業の隙間時間にコツコツ転職活動をしたからです。

大半の人は、今の現状が辛いと思ってもなかなかの行動に移せないもの。

いきなり直球ですが、

それでも今の環境から抜け出したいと本気で思うなら、

毎日コツコツと行動するしか現状を変えることができないです。

大半の人が行動しないので、行動すれば絶対に変わりますよ。

 

飲食時代のスケジュール

僕は元々毎日15時間以上働いていました。

タイムスケジュールが以下の通りです。

  • 9:00 出勤(障がい者支援の弁当作る・ランチ営業・仕込み)
  • 14:30 ランチ終了(夜の仕込み)
  • 17:00 夜の営業
  • 12:30 閉店
  • 1:30 営業終了(閉店業務・レジ締め)

どうでしょうか?

読者
読者
この業務をこなしつつ転職活動なんてできっこない

そう思いがちですが、やりましょう!

隙間時間は必ずあります。

少しの休憩、休みの日、仕事から帰ってきた後の30分

空いた時間にYouTubeとかゲームはほどほどにしましょう。

ぶちょー
ぶちょー
僕自身も毎日ゲームしかしてませんでした笑

 

コツコツ転職のための情報を集めよう!

そして、実際にめんどくさくても何か動いて行動しよう

行動ができない理由は”やらない言い訳を考えるから”です【必見】                   こ...

 

【体を壊す前に】飲食業を辞めたい人の背中を押す話:今の辛い環境から抜け出したい人へ

今、愛する人がいるなら大事にしてください。

本当に心の支えになるからです。

 

僕の話をすると、当時20歳〜22歳の頃、飲食店で店長をやっていた時彼女がいました。

もちろん休みなどなかったので、なかなか会うこともできませんでしたが

お店に来てくれたり、時間が少しでもできた時はわざわざ家に来てくれて差し入れなどを持ってきてくれました。

当時は、日々の業務で疲れていたしめんどくさいと思ってしまうことも多々あってかなり最低な野郎でしたね。

ですが、心も体もボロボロな僕を間違いなく支えてくれていました。

今同じような状況にいる方、飲食業で日々消耗している方、

そばにいる大事な人を大切にしてください。

 

そしてその大事な人との時間をもっと作れる環境にいきましょうよ。

あなたの人生は大切な人と一緒に過ごす時間じゃなくて、オーナーや経営者のために捧げる人生なんですか?

今あなたが

  • 飲食辛い・・
  • 辞めたい・・・
  • でも転職して変なところに入ったら嫌だしな。
  • 転職すると周りになんか言われるかもしれないしな・・

と悩んでいるのなら、僕が背中を押します!

しっかり調べて勉強して、行動しよう!

今の環境に身を置いたのは過去の自分です。

そして過去にとらわれてなかなか行動ができないんです。

 

心理学の神・アルフレッド・アドラーの考えにこんなことがあります。

あなたが変われないのは自らに対して「変わらない」という決心を下しているからなのです。

あなたが変わりたいと思っているのに変われないのはなぜか?

それは、あなたが今の生き方を変えないでおこうと不断の決心をしているからです。

少しくらい不自由な環境でも、そのまま変えずにいる方が楽だと思っているんでしょう?

人は、どれだけ不満があっても「このままのわたし」でいることの方が楽で安心する生き物です。

これまでの経験から自分で勝手に「無理だ」とか「変わるのが怖い」と思っている。

今の環境の不満と変わることへの不安

この2つを比べた時に、今の環境の不満を選んでしまっているんですよ。

過去は関係ない

幸せになる勇気が足りていないだけです。

勇気を持とう

 

少し長くなってしまいましたが、行動という勇気を持つことが大事なんです。

これまでは関係ありません。

今何をするのか?

思考停止で現状を受け入れて不満ばかり言うのはNGです。

ぶちょー
ぶちょー
僕も飲食時代は不満ばっかり思いながらも、何も現状を変えようとする行動ができていなかったです。口だけでした。

 

【体を壊す前に】飲食業を辞めたい人の背中を押す話:別に今の仕事を辞めたっていい

結構みんな今の仕事を辞めたら人生終わりと思いがちですが、全くそんなことないです。

世の中にはたくさん仕事があり、なんだったら10年前にはなかった仕事が近年増えていってます。

理由は1つだけ

時代が変わったから。

仕事を辞める、と思った時に誰に相談してますか?

  • 親?
  • 上司?
  • 同い年の友達?
  • お世話になった先生?

大抵こう言われると思います。

「まずは3年間は働いた方がいい」
「辞めてどうすんの?」
「絶対無理だよ」

 

今日からそう言う人たちに相談はやめましょう。

親や上司は昔の教育をされて育ってきました。

今は時代が違います。

 

昔、日本は高度経済成長真っ只中で、景気が良かったんです。

企業も年功序列で年齢が上がるごとに給料が増えていった。

だからすぐに辞めるなと言います。

なぜなら、自分たちが長く勤めることで給料が増えて豊かになった経験をしたから。

 

たとえ嫌なことや劣悪な環境だったとしても、

長く勤めさえすればお金がたくさんもらえたから「3年は我慢しろ」と言います。

 

今はどうですか?

会社員の年収推移です。↓

引用:年収ラボ

だんだんと衰退しているのがわかりますかね?

もはや、年齢で上がっていくとかじゃないんです。

 

人口が減り、働き手が減る。

生産性が悪くなり景気が下がり、一般の人が節約をする。

節約すると物が売れなくなり、企業の売り上げが減る

売り上げが減ると従業員に給料を払えなくなる

 

こういったループで回っています。

時代が違うので、自分の身は自分で守ろう!

 

ちなみに飲食業に関してはほぼ変わってません。

しかもこれはいい方ですよね。↓

引用:年収ラボ

給料が長く勤めればどんどん上がっていくことはほぼないんです。

近年、給料は年功序列で上がることがなくなりました。

今は能力給で上がる時代です。

※もちろん全ての会社とは言いませんが時代は変わっていると言う話です。

年功序列で実際に給料は変わらないんですよ。

これからどうすべきか?

だったら、最悪な環境からはとっとと抜け出して、自分が何か替えの効かない能力を身につける時間に当てた方が良くないですか?

僕は、勉強が全くできない高卒のアホです。

飲食時代も何も考えずにただただ目の前のお金をもらうことだけを目的として働いていました。

 

周りの友達は大学生とかだったので、インスタやツイッターでみんなで遊んでいる写真だとか、華やかなエピソードだったりとか、見るのがめちゃくちゃ辛かったです。

友人の結婚式すらでれず、とにかく辛いと思いながら休みはほぼ無しで働き、給料は年収250万、手取りにすると、約16〜17万でした。

それでも辞めるまでに、2〜3年かかりましたよ。

辞めたいなーと思いつつも行動ができなかったんです。

 

なぜか?

周りを気にしていたから。

 

  • 辞めたら家族はどう思うかな?
  • 友達はなんて言うかな?

 

先の不安ばっかり考えて結局現状の環境に落ち着いていました。

口と頭では辛いと思っているのにです。

 

世の中には口頭派と行動派がいます。

口頭派は頭で考えて口で言うだけ。

なーんにも変わんないっすよ。

今の環境が本当に辛くて、辞めたいと思うなら辞めていいんです。

辞めるときに周りは関係ありません。

自分の人生ですよ。

自分で決めましょう。

 

環境が変わると世界が変わります。

自分と大切な人のために時間を使いましょう!

そのためには、努力は必須です。

ぶちょー
ぶちょー
コツコツですが、何もしないよりまずは一歩行動してみる!

【体を壊す前に】飲食業を辞めたい人の背中を押す話:辞める為に具体的に何からすればいいのか?

僕は飲食業からホワイト企業に転職しました。

詳しくはこちらの記事に書いてあるので割愛します。

飲食店店長を辞めたい。ブラック飲食・元店長が体験したこと【必読】 今回はこのような方々へ向けて、一歩踏み出す勇気が出る記事を書きました。 この記事を読むと ...

 

僕がやったことはシンプルです。

  1. 調べる
  2. 調べたことを実践する
  3. 考えて改善してまた実践する

以上を繰り返しました。

飲食業では、とにかく時間がないです。

なので休憩時間に寝る時間を削って調べました。

また、面接練習や相談なんかもランチが終わって夜の仕込みを速攻で終わらせていってましたね。

たまの休みも、面接やハローワークでのセミナーなどとにかく行動してました。

なんでそこまでやるかと言うと、本当に職を変えたかったから。

 

ある一定の期間頑張ったおかげで、

  • 年間休日135日以上
  • 年収150万アップ
  • 土日祝休み

と言う、ホワイト企業に転職できました。

めんどくさがらずにちゃんと調べて行動あるのみです!

詳しくはこちらに書いてあります↓

元飲食店勤務→現営業職が伝える、営業への転職メリット【必見】 飲食で働いていて、営業職に転職しようか迷っている方。 一つ質問ですが 「家族や友人との時間を大切にできていますか?」 ...

 

とにかく転職について調べまくりましたね笑

転職サイトや、転職方法、退職の仕方や、辞めた後の失業保険などなど・・・。

本当に大変でしたが、今となっては時間をかけてやっておいてよかったなと思います。

ぶちょー
ぶちょー
行動してよかった・・・。

皆さんも、今の職場が辛いなら、転職についてめんどくさがらずにちゃんと調べて行動しましょう!

もし、

  • 退職をすることができない
  • 辞めたいと言えない

という方は、退職代行というサービスも現代ではありますので活用しましょう!

>>辞めたいと言えない方はこちら

 

めんどくさいのわかります。

履歴書とか書くのだるいっすよね。

志望動機考えたり、面接の日程決めたり・・・。

ただ、今では履歴書も電子になり一度入力すれば毎回書かなくてもいいし、

転職エージェントサービスを使えば

  • 面接の日程
  • 面接練習
  • 志望相談

なんかも全部無料でやってくれる世の中なので、便利っすよ。

退職代行サービス も出てきてますし、転職しやすい世の中です。

 

本当に変わりたければ自分で調べて、行動しよう!

 

まとめ

  • 転職活動をめんどくさいと思わない
  • 隙間時間で、転職についてちゃんと調べる
  • 辞めたければ辞めていい(周りは気にするな!)
  • 大切な人との時間を優先しよう
  • 辞めたいと言えない人は、退職代行エージェントサービスを活用する

僕の本音は、お金よりも時間です。

お金はいくらでも稼ごうと思えば稼げますが、時間はどんどん失っていくばかりです。

なぜなら人はいつか死ぬから。

一度しかない人生です。

 

大切な人と一緒に、貴重な時間を過ごしましょうよ。

あなたの人生は会社やオーナーのためにあるんじゃないです。

やりたいことをする

会いたい人に会う

飲食業は確かに過酷な業務ですが、辛いなら辞めてOKです。

今の時代辞めてもなんだってできますよ!

 

変わる勇気を持つ

 

一緒に頑張りましょう!

僕でよければ相談でもなんでも受けますので、お気軽に言ってください。

 

同じ境遇の1人に届きますように・・・

 

ぶちょー(@Bucyosan_

 

記事で取り上げたサービス

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください